トップ >>> 管 理 >>> マンション管理組合の皆様へ




確かな安心と快適な住環境を目指し、各マンションの管理担当者(管理業務主任者)と関連部門が連携し、管理組合が行う様々な業務をしっかりとサポートいたします。




管理担当者(管理業務主任者)を中心に、専門的な立場から管理組合の皆様へ各種アドバイスを行います。また、理事会を中心とした組合活動において各種業務をトータルにコーディネイトし、円滑な組合運営をサポートいたします。

1.各種会議の開催・運営補助業務

総会や理事会の開催準備や運営、予算案・決算案・事業計画の作成といった業務をきめ細かくサポートし、その事務を代行いたします。

2.渉外業務

工事見積の依頼、各種点検・施工業者等との交渉・打合わせを行います。



当社独自の教育・指導システムにより管理ノウハウを身に着けたスタッフを配置します。受付や清掃、巡回といった日常業務にとどまらず、マンション内における様々なニーズやトラブルに迅速に対応し、お客様に最も近いところで確かな信頼関係を築いてまいります。

1.受付・連絡・報告業務

マンションの顔としての受付業務、管理員の爽やかな挨拶は明るいマンションライフの基本であり、不審者の侵入防止にもつながります。また、管理人は区分所有者・入居者・組合役員そして管理会社間の連絡等においても重要な役割を担います。更に日々の業務を通じて現地(マンション)の状況を最もよく把握している立場から、必要に応じて理事会・総会等で助言・報告を行います。

2.点検(巡回)・立会業務

管理員が日々の点検(巡回)業務を通して発見した建物や設備の不具合や設備異常等に対し、管理担当者(管理業務主任者)を中心として社内の専門部署や協力会社と連携しながら対応してまいります。また、管理員は勤務時間内に行われる建物・設備等の点検に立会います。

3.日常清掃業務

共用部における日常清掃は管理員が行ないます。行届いた清掃は快適な環境を提供すると共に、大切な資産の美観を維持いたします。



決算書(案)作成事務の代行、管理費や各種専用使用料・修繕積立金の収納、各種費用の支払い、および未集金の請求や回収について法的対応を行います。

1.決算書(案)作成業務

管理組合の皆様に代わって決算書(案)を作成いたします。

 ・年次決算 一般会計収支決算報告書(1年間の収入・支出の一覧)
積立金会計収支決算報告書(1年間の収入・支出の一覧)
貸借対照表(決算日時点での管理組合の資産の状況)
貸借対照表内訳書(未収金・預り金・仮払金・前払費用・未払費用等)
総勘定元帳(1年間の収入・支出の明細)
各種伝票・預金残高証明書・領収証等
 ・月次決算 一般会計収支決算報告書(1ヶ月間の収入・支出の一覧)
積立金会計収支決算報告書(1ヶ月間の収入・支出の一覧)
各種伝票・預金残高証明書・領収証等

2.出納業務

原則方式による出納業務を行っております。管理費・専用使用料・修繕積立金等の収納業務を行います。未収金が発生した場合は、請求書発送・電話督促・内容証明郵便の発送等により期限を設けず回収に努めます。また、支払い期限後3ヶ月以上の未収金がある場合には、その状況をご報告いたします。更に長期間未収金の回収が出来ない場合、法的措置等についてご提案をさせていただきます。各種費用の支払いにつきましては、月々の支出毎に理事長様の承認を得た後に支払いを行ないます。

このページのトップへ




個々のマンションの構造、機能、形状、使用建材、使用状況、周辺環境等によって必要な清掃箇所やその頻度も様々に異なります。それらを専門スタッフが検討し最適な業務仕様をご提案いたします。




マンションにおける各種設備とは、入居者の皆様にとっては大切なライフラインであります。これらの設備を安心してお使いいただくためには、先ず、その点検が第一歩となります。安全で快適な暮らしを守るため日頃からこまめにチェックをし、トラブルを未然に防ぎます。万が一設備異常が発生した場合には、迅速な対応を可能とするため24時間対応の窓口をもうけております。

■対象設備

・給排水設備 法令に定められた水質検査や給水槽・排水槽・排水管の点検整備・清掃を行ないます。
・消防用設備 消火器・消火栓・自動火災報知機・連結送水管・誘導灯・非難器具・非常放送設備等について法定点検を行ないます。
・建築設備 防排煙設備・非常照明等について法定検査を行います。
・エレベーター メンテナンス会社との業務委託契約を結び万全の保守点検および緊急対応を行ないます。
・建築物 3年に一度の法定定期調査で建物全般を総合的に調査いたします。
・機械式駐車設備 メンテナンス会社との業務委託契約を結び万全の保守点検および緊急対応を行ないます。
・植栽 マンションの美観に大きく影響を与える植栽は、1年を通した計画的なメンテナンスが必要です。適切なお手入れの時期や費用をご提案いたします。
・共用部照明管球 管球切れ等の軽微なトラブルは、管理員または管理担当者(管理業務主任者)による日常的な点検(巡回)の中で随時対応いたします。
・占有部分 マンション管理業務の対象となりますのは、共用部分のみとなっておりますが区分所有者の皆様のご要望に応じ占有部分の冷暖房設備・給排水衛生設備・給湯設備・照明設備・内装等のメンテナンスおよびリフォームにも対応いたします。また、機械警備システムの設置も可能です。



機械警備システムによる常時遠隔監視業務です。防災や管理員室の防犯・出入管理はもとより付帯業務として設備監視にも対応いたします。


このページのトップへ



マンションを美しく快適に保ち資産価値を維持するには、多額の費用が掛ります。長期的な視野に立った長期修繕計画を作成し、その計画に基づいた資金計画を提案いたします。

1.長期修繕計画立案業務 経年劣化に対抗し資産価値を守るためには、計画的な修繕が必要不可欠です。日常のメンテナンス履歴等を参考に、一級建築士等の専門家による助言による、それぞれのマンションの特性や実態に合わせた長期修繕計画をご提案いたします。
2.資金計画立案業務 長期修繕計画に基づいた資金計画をシミュレーションし、適切な修繕積立金額をご提案いたします。
3.建物・設備診断業務 建物・設備の劣化状況等を診断し、資金計画やライフサイクルコストも考慮の上、修繕が必要な範囲、施工予定時期、工事仕様を提案、概算工事費用を算出してご報告いたします。
4.施工業者選定補助業務 施工業者の選定にあたっては、見積金額は勿論、その技術力や与信等についての情報を提供するなどのサポートをいたします。
5.施工監理業務 設計書・仕様書の通り工事が行われているか、お客様の視点で施工の管理を行います。
6.工事完了確認業務 工事完了の検査・確認、工事完成図書の確認等を行います。



突然襲ってくる災害や事故、万が一の備えとして保険は心強い見方となってくれます。各マンションの立地条件、建物の評価額、設置されている設備等の種類や数量、入居状況、管理組合の資金状況等トータルに検討し、最適な保険プランをご提供いたします。また、損保ジャパン日本興亜の代理店として管理組合向けの保険はもとより、個人・法人のお客様向けの各種損害保険もご提供いたします。

 プライバシーポリシー    勧誘方針


1.マンション管理組合向けの保険

・マンション総合保険 「マンション総合保険」は、分譲マンションの共用部分を対象とする掛捨型火災保険です。自由なプラン設計が可能なニーズ細分型商品です。
・積立マンション総合保険 マンション共用部分の補償と修繕積立金の運用にお役立ていただけるのが「積立マンション総合保険」です。
「マンション総合保険」と同様、分譲マンションの共用部分を対象とする火災保険で、自由なプラン設計が可能なニーズ細分型商品です。
会計処理上、保険料の扱いは修繕積立金勘定からの支出となります。
・地震保険 住宅として使用されるマンションの共用部となる建物が地震・噴火・津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による一定割合以上の損害を受けた時に保険金が支払われます。
「地震保険」は、「地震保険」をご希望されない場合を除き、「マンション総合保険」または「積立マンション総合保険」と併せてご契約いただきます。
「地震保険」のご契約をされない場合には、地震・噴火・津波による火災損害(延焼損害を含む)等についての保険金は支払われません。 

2.個人のお客様向けの保険

住まいの保険・自動車の保険・怪我や病気の保険・旅行やレジャー用の保険・こどものための保険・老後に備える保険・積立型の保険等、各種保険商品をご提案いたします。

3.法人のお客様向けの保険

法人のお客さまの企業経営を取り巻く様々なリスクに対する保険商品で、お客さまそれぞれのビジネスに合ったリスクマネジメントをご提案いたします。
従業員のリスクには、従業員の方々の業務災害や通勤災害のリスクに備える保険商品をご提案いたします。
財物のリスクには、店舗・事務所・工場や、その中にある設備什器・商品等に対する、火災をはじめとしたさまざまなリスクに備える保険商品をご提案いたします。
社用車のリスクには、社有車の対人・対物事故や車両事故などに備える保険商品をご提案いたします。
賠償のリスクには、事業活動を行ううえで、他人の身体やモノに損害を与えた場合の損害賠償責任に備える保険商品をご提案いたします。
利益減少 のリスクには、火災をはじめとする災害や事故によって事業を休止した場合に減少する利益等をカバーする保険商品をご提案いたします。

このページのトップへ